引っ越し夜間

引っ越し夜間

引っ越し

夜間の引っ越しときくと、どうしても夜逃げのようなイメージが湧いてしまいますが
いろんな職業がって、いろんな働き方がある現代社会では、
昼間忙しすぎて休みもなく、夜しか引越しができないサラリーマンや
昼間は仕事の為に休んでいる生活だから、引っ越しも夜間にしたいなど
多種多様なライフスタイルがあるので夜間の引っ越しもニーズがあるんです。

 

ニーズがあれば、それに対応するのが引越し業者の仕事なので
今では、夜の引っ越しをしてくれる業者が増えています。

 

無料で見積もり依頼ができるサービスを活用して、安くてお得な業者を見つけましょう。

 

引っ越し見積もり サイト

時間のない人はこちらから簡単1分の入力で見積もり依頼できますよ。

 

 

引越し 見積もり おすすめ

 

無料で見積もり依頼ができるサイトはたくさんあるので、人気のサイトを紹介します。
キャンペーンとかもしていますので、比べてみて、お気に入りから申込むのもいいかもね。

 


引っ越し侍

引っ越し侍は190社以上の中から、最大で10社に見積もり依頼できます。
『アリさんマーク』・『アーク引越センター』・『サカイ引越センター』などの
大手にも依頼できますし、依頼者の地域に合わせた業者まで、幅広く依頼を頼めます。

 

 

           ボタン

 

 


引っ越し価格ガイド

引越し価格ガイドの最大の特長は200社以上の中から
最大10社まで見積もりが無料でできるところです。
見積もり依頼と同時に料金の相場もわかるサービスがあります。
相場がわかれば基準が出来るから、業者の値段が高いか安いか判断できますよ。

 

 

           ボタン

 

 


引っ越し達人セレクトは、カンタン3分の入力で見積もり依頼ができます。
その上、代金が最大で55%OFFになることもあります。
安く抑えたい人におすすめです。

 

 

           ボタン

 

 

 

 

対応地域

北海道(札幌,函館,小樽,旭川,室蘭,釧路,帯広,北見,夕張,岩見沢,網走,留萌,苫小牧,稚内,美唄,芦別,江別,赤平,紋別,士別,名寄,三笠,根室,千歳,滝川,砂川,歌志内,深川,富良野,登別,恵庭,伊達,北広島,石狩, 北斗,etc)

 

青森県(青森,弘前,八戸,黒石,五所川原,十和田,三沢,むつ,つがる,平川,etc)

 

岩手県(盛岡,宮古,大船渡,花巻,北上,久慈,遠野,一関,陸前高田,釜石,二戸,八幡平,奥州,滝沢,etc)

 

宮城県(仙台,石巻,塩竈,気仙沼,白石,名取,角田,多賀城,岩沼,登米,栗原,東松島,大崎,etc)

 

秋田県(秋田,横手,能代,大館,男鹿,湯沢,鹿角,由利本荘,潟上,大仙,北秋田,にかほ,仙北,etc)

 

山形県(山形,米沢,鶴岡,酒田,新庄,寒河江,上山,村山,長井,天童,東根,尾花沢,etc)

 

福島県(福島,会津若松,郡山,いわき,白河,須賀川,喜多方,相馬,二本松,田村,南相馬,伊達,本宮,etc)

 

茨城県(水戸,日立,土浦,古河,石岡,結城,龍ケ崎,下妻,常総,常陸太田,高萩,北茨城,笠間,取手,牛久,つくば,ひたちなか,鹿嶋,潮来,守谷,常陸大宮,那珂,筑西,坂東,稲敷,かすみがうら,桜川,神栖,行方,鉾田,つくばみらい,etc)

 

栃木県(宇都宮,足利,栃木,佐野,鹿沼,日光,小山,真岡,大田原,矢板,那須塩原,さくら,那須烏山,下野,etc)

 

群馬県(前橋,高崎,桐生,伊勢崎,太田,沼田,館林,渋川,藤岡,富岡,安中,みどり,etc)

 

埼玉県(さいたま,川越,熊谷,川口,行田,秩父,所沢,飯能,加須,本庄,東松山,春日部,狭山,羽生,鴻巣,深谷,上尾,草加,越谷,蕨,戸田,入間,朝霞,志木,和光,新座,桶川,久喜,北本,八潮,富士見,三郷,蓮田,坂戸,幸手,鶴ヶ島,日高,吉川,ふじみ野etc)

 

千葉県(千葉,銚子,川,船橋,館山,木更津,松戸,野田,茂原,成田,佐倉,東金,旭,習志野,柏,勝浦,原,流山,八千代,我孫子,鴨川,鎌ケ谷,君津,富津,浦安,四街道,袖ケ浦,八街,印西,白井,富里,南房総,匝瑳,香取,山武,いすみ,etc)

 

東京都(千代田区,中央区,港区,新宿区,文京区,台東区,墨田区,江東区,品川区,目黒区,大田区,世田谷区,渋谷区,中野区,杉並区,豊島区,北区,荒川区,板橋区,練馬区,足立区,葛飾区,江戸川区,八王子,立川,武蔵野,三鷹,青梅,府中,昭島,調布,町田,小金井,小平,日野,東村山,国分寺,国立,福生,狛江,東大和,清瀬,東久留米,武蔵村山,多摩,稲城,羽村,あきる野,西東京,etc)

 

神奈川県(横浜,相模原,横須賀,平塚,鎌倉,藤沢,小田原,茅ヶ崎,逗子,三浦,秦野,厚木,大和,伊勢原,海老名,座間,南足柄,綾瀬,etc)

 

新潟県(新潟,長岡,三条,柏崎,新発田,小千谷,加茂,十日町,見附,村上,燕,糸魚川,妙高,五泉,上越,阿賀野,魚沼,胎内,南魚沼,佐渡,etc)

 

富山県(富山,高岡,魚津,氷見,滑川,黒部,砺波,小矢部,南砺,射水,etc)

 

石川県(金沢,七尾,小松,輪島,珠洲,加賀,羽咋,かほく,白山,能美,野々,etc)

 

福井県(福井,敦賀,小浜,大野,勝山,鯖江,あわら,越前,坂井,etc)

 

山梨県(甲府,富士吉田,都留,山梨,大月,韮崎,南アルプス,北杜,甲斐,笛吹,上野原,甲州,中央,etc)

 

長野県(長野,松本,上田,岡谷,飯田,諏訪,須坂,小諸,伊那,駒ヶ根,中野,大町,飯山,茅野,塩尻,佐久,千曲,東御,etc)

 

岐阜県(岐阜,大垣,高山,多治見,関,中津川,美濃,瑞浪,羽島,恵那,美濃加茂,土岐,各務原,可児,山県,瑞穂,飛騨,本巣,郡上,海津下呂,etc)

 

静岡県(静岡,浜松,沼津,熱海,三島,富士宮,伊東,島田,富士,磐田,焼津,掛川,藤枝,御殿場,袋井,下田,裾野,湖西,伊豆,御前崎,菊川,伊豆の国,牧之原,etc)

 

愛知県(名古屋,豊橋,岡崎,一宮,瀬戸,半田,春日井,豊川,津島,碧南,刈谷,豊田,安城,西尾,蒲郡,犬山,常滑,江南,小牧,稲沢,新城,東海,大府,知多,知立,尾張旭,高浜,岩倉,豊明,日進,田原,愛西,清須,北名古屋,弥富,みよし,あま,長久手,etc)

 

三重県(津,四日,伊勢,松阪,桑名,鈴鹿,名張,尾鷲,亀山,鳥羽,熊野,いなべ,志摩,伊賀,etc)

 

滋賀県(大津,彦根,長浜,近江八幡,草津,守山,栗東,甲賀,野洲,湖南,高島,東近江,米原,etc)

 

京都府(京都,福知山,舞鶴,綾部,宇治,宮津,亀岡,城陽,向日,長岡京,八幡,京田辺,京丹後,南丹,木津川,etc)

 

大阪府(大阪,堺,岸和田,豊中,池田,吹田,泉大津,高槻,貝塚,守口,枚方,茨木,八尾,泉佐野,富田林,寝屋川,河内長野,松原,大東,和泉,箕面,柏原,羽曳野,門真,摂津,高石,藤井寺,東大阪,泉南,四條畷,交野,大阪狭山,阪南,etc)

 

奈良県(奈良,大和高田,大和郡山,天理,橿原,桜井,五條,御所,生駒,香芝,葛城,宇陀,etc)

 

兵庫県(神戸,姫路,尼崎,明石,西宮,洲本,芦屋,伊丹,相生,豊岡,加古川,赤穂,西脇,宝塚,三木,高砂,川西,小野,三田,加西,篠山,養父,丹波,南あわじ,朝来,淡路,宍粟,加東,たつの,etc)

 

和歌山県(和歌山,海南,橋本,有田,御坊,田辺,新宮,紀の川,岩出,etc)

 

岡山県(岡山,津山,玉野,笠岡,井原,総社,高梁,新見,備前,瀬戸内,赤磐,真庭,美作,浅口,etc)

 

広島県(広島,呉,竹原,三原,尾道,福山,府中,三次,庄原,大竹,東広島,廿日市,安芸高田,江田島,etc)

 

山口県(下関,宇部,山口,萩,防府,下松,岩国,光,長門,柳井,美祢,周南,山陽小野田,etc)

 

鳥取県(鳥取,米子,倉吉,境港,etc)/島根県(松江,浜田,出雲,益田,大田,安来,江津,雲南,etc)

 

徳島県(徳島,鳴門,小松島,阿南,吉野川,阿波,美馬,三好,etc)

 

香川県(高松,丸亀,坂出,善通寺,観音寺,さぬき,東かがわ,etc)

 

愛媛県(松山,宇和島,八幡浜,新居浜,西条,大洲,伊予,四国中央,西予,東温,etc)

 

高知県(高知,室戸,安芸,南国,土佐,須崎,宿毛,土佐清水,四万十,香南,香美,etc)

 

福岡県(北九州,大牟田,久留米,直方,飯塚,田川,柳川,八女,筑後,大川,行橋,豊前,中間,小郡,筑紫野,春日,大野城,宗像,太宰府,古賀,福津,うきは,宮若,嘉麻,朝倉,みやま,糸島,etc)

 

佐賀県(佐賀,唐津,鳥栖,多久,伊万里,武雄,鹿島,小城,神埼,etc)/長崎県(長崎,佐世保,島原,諫早,大村,松浦,対馬,壱岐,五島,西海,雲仙,南島原,etc)

 

熊本県(熊本,八代,人吉,荒尾,水俣,玉名,山鹿,菊池,宇土,上天草,宇城,阿蘇,天草,合志,etc)

 

大分県(大分,別府,中津,日田,佐伯,臼杵,津久見,竹田,豊後高田,杵築,宇佐,豊後大野,由布,国東,etc)

 

宮崎県(宮崎,都城,延岡,日南,小林,日向,串間,西都,えびの,etc)

 

鹿児島県(鹿児島,鹿屋,枕崎,阿久根,出水,指宿,西之表,垂水,薩摩川内,日置,曽於,霧島,いちき串木野,南さつま,志布志奄美,南九州,伊佐 ,姶良,etc)

 

沖縄県(那覇,宜野湾,石垣,浦添,名護,糸満,豊見城,うるま,宮古島,南城,etc)

 

 

 

対象
  • 単身
  • 一人暮らし
  • ファミリー
  • 即日
  • 今日中
  • 年寄り
  • 荷物が多い
  • 荷造りしない

 

夜間に引越しするのは今や当たり前

 

夜間に引越すっていうのは、夜逃げのイメージがありますがそれは昔の話です。
働き方が多様化した、現代生活では昼間時間が取れない事が多いです。

 

 

夜しか時間が取れない人は、夜、引っ越しするしかないのです。

 

そんなニーズに応えて業者も夜間の引っ越しに対応したサービスを始めています。

 

どうせ引越しをするなら、安くあげるのに越したことはないですよね。
一括見積申込みを活用して、夜間でも安く引越しできる業者を見つけましょう。

 

 

引越しは代金が全て

引越しが決まった時に、一番気になることが引越し代金です。

 

引越しを経験したことがある人ならわかると思いますが、引越しには定価がありません。

 

おなじ荷物を運ぶにしても業者次第で費用が大きくかわります。

 

おすすめはとにかく複数の引越し業者に依頼して相見積もりを取ることです。

 

そして、出てきた複数の見積もりを比較します。

 

そうすれば、予算内に収まるように一番安い業者に依頼したり、料金は2番目だけれどサービスがいい業者を選んだりできます。

 

つまり、見積もりを出すということは、こちらの判断基準を獲得するということですね。

 

 

引越しの見積もりはいつする?

 

引越しの準備は、見積もりを取ることから始まります。

 

では、いつ見積もりをとればいいのかと言うと
自分が引越しする事がきまったらすぐがいいですね。

 

なぜなら、引越しが完了するまでは、山のようにやらなければならないことがありますし、
予算の関係もあるので、予算内に収まる業者を探すのは、意外に時間がかかるケースもあります。

 

引越しやること

ライフラインの手続き
住所変更
インターネット・スマホ関係
車関係
荷物の整理

などです。他にもまだまだあります。

 

これらの作業をスケジュールよく進める為には、見積もりをとって業者を決めてしまう事です。
そうすれば、どんどん準備をすすめることができますよ。

 

多くの人が、平日は仕事をしているその中で、引越し準備をしないといけないで、
見積もりに時間をかけるのは、効率がよくないですね。
業者が決まれば、段ボールなども届き、少しずつ荷物をまとめることもできますし、
具体的な日時も決まってきます。
見積もりはすぐに依頼』。

 

これがポイントです。

 

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

 

 

引越しやること

引越しはとにかくやらなければいけない事がたくさ〜んあります。
スケジュールやリストを作ってチェックしながら準備していきましょう。

 

全体スケジュールの確認

引越し業者を決めるところから始まります。いつまでに何をやるのかを、スケジュール表として1枚の紙にまとめると、やることがわかりやすくなりますよ。

 

退去の日や新居へ行く日、ライフラインの解約日、車の手配などなど、

 

一度スケジュールを立ててしまえば、あとはそれに沿って実行していくだけなので楽ちんです。

 

また、途中でやり忘れていたことや予想外の問題なんかも出てくるのが引越しです。

 

だから余裕をもったスケジュールがいいですね。

 

 

引越し業者選び

今は一括見積のサービスがあるので簡単に業者を選ぶことができます。

 

とにかく料金が安いところ、サービスが良いところなど色々あるので、できるだけ多くの業者に見積もり依頼したほうが、希望通りの引越しが出来ると思います。

 

 

転校届

今いる学校でも転校先でも、各種の手続きがありますので早めの連絡が大事です。

 

転校先の状況を聞くことも、子供の気持ちをなれさせることができますね。

 

 

不用品の処分

まず、どれが持って行く荷物で、どれが不用品化をわけないといけません。
毎日すこしづつでも荷物の整理を始めましょう。

 

不用品を処分する時は、リサイクルショップに売れそうな物は売って換金したほうが、引越し代金に充てる事ができます。慣れている人はネットオークションもいいかも。

 

リサイクル屋は、家まで来てくれるサービスをしている所もありますので活用しましょう。
逆に捨てるのにお金がかかる電化製品などもあります。

 

それらは、引越し業者やリサイクルショップで無料で引き取ってくれるケースもありますので相談してみましょう。
相談はタダで出来ますし、お金を払って処分するのは最後の最後です。

 

 

 

引越しやること 前日までに

 

引越しが決まってから1か月前まで

 

引越しの日程を決める事から始めます。

概して平日の方が料金が安くなりますね。

 

賃貸に住んでいるときは、退去の連絡をし、駐車場を借りている場合は、同じく連絡します。

 

最終月は、日払いで清算することになりますが、賃貸契約書の内容が優先されるので事前に確認しましょう。

 

 

子供がいる場合は、学校に伝えて手続きをします。

『転校用在学証明書』と『教科書給与証明書』を受け取り、次の学校で使用します。

 

 

1か月前〜2週間前

荷物を整理しながら不用品の処分をしまが、住んでいる役所に連絡して処分方法を確認します。

 

この時に、リサイクル業者に頼んで下取りしてもらうと思わぬ収入になることもあります。

 

 

地方自治体で処分できないもの
パソコン、ディスプレイ、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機
これらは家電量販店か廃棄処分業者に有料で依頼します。

 

段ボールが引越し業者から届くので、あまり使わない荷物から梱包していきます。

 

 

2週間前〜1週間前
電気、ガス、水道局へ連絡します。

止めてもらう依頼と、新居での開設依頼をします。もっと前に連絡しても構いません。

 

NTTとインターネットのプロバイダーに連絡します。

新居でもすぐに使えるように、余裕をもって依頼しましょう。

 

住んでいる役所に行って転出届を出します。

国民年金、国民健康保険の住所変更手続きも合わせてします。
原付の手続きは、地方自治体によって違うので確認します。

 

郵便局へ転送届を提出します。

有効期限は1年間です。

 

 

1週間前〜前日
家賃と敷金の清算をどのようにするか管理会社と確認します。

(敷金をチョロマカス大家もいますので、書面で返却方法をもらえば良いでしょう)

 

新聞をとっている人は、住所変更の連絡をします。
エアコンの取り外し。
冷蔵庫の電源を切ります。
洗濯機の水抜きをします。

 

 

引越しやること 賃貸

 

賃貸は賃貸契約がありますので契約書にかかれているとおりにしないといけないです。

 

現在の住まいの退去申請

賃貸に住んでいる人は、引越しが決まったら早めに管理会社に連絡しましょう。

 

退去の予告は、1か月前までに連絡することになっていると思います。

 

それよりも前に連絡しないといけない物件もあるようですがその確認は、契約時の賃貸契約書に書かれているので確認が必要です。

 

また、会社の都合で引越しが決まってから1か月以内に退去しないとならないケースもよくある話です。

 

その時は、1か月前に退去予告出来なかった理由を管理会社に伝えて相談しましょう。

 

多くのケースで大家さんの判断になると思いますが、入居中によほど問題を起こしていない限りは、大家さんは認めてくれると思います。

 

 

新居を決める

引越し先が決まらないと、寝泊りする場所がないのでこれも最重要です。

 

新居が決まったら、入居日と今いるところの退去日は2・3日ほどダブらせておいた方がいいです。

 

そのほうが引越しの作業にも余裕が出来ますし、鍵を持っているうちは、忘れ物をした場合に取りに行くことも可能です。

 

 

引越しやること 手続き

引越しはやらないといけない手続きがたくさんあります。

 

固定電話の移転手続き

まずは、NTTへ連絡します。住んでいる地域によってNTT東日本とNTT西日本にわかれますのでご注意。

 

今はインターネットからでも引越し手続きを申し込めますし、「116」へ電話します。

 

インターネットの契約手続き

インターネットもプロバイダーに前もって連絡します。新しい住居で使えるように開設するまでに、日にちがかかることがあるので、すぐに使いたい人は早めの連絡が必須ですね。

 

 

引っ越しの注意点

引越しの見積書をもらったら必ずこれだけはチェックしましょう。

 

1:業者名と所在地、電話番号など連絡先
(特にトラブル時の連絡先と担当者)  

 

2:事業者の資格(許認可番号の明記)

 

3:日時(最低でも午前午後の別)

 

4:現住所と新住所(積み地と降し地)記載があること

 

5:積みきれない場合や作業員の人数が増減した場合の費用対応

 

6:梱包をするのは業者か依頼人か(解梱包についても同様)、家具などの分解や組み立てがある場合もどちらがするのか確認

 

7:家財や住居を保護するための養生の内容

 

8:梱包資材の種類と個数、また過不足があった場合の対応について

 

9:貴重品がある場合の扱いなどに関する特記事項があるか、必要なら確認

 

10:貨物保険(保険会社名,補償限度額など)

 

11:料金は追加料金が発生する場合を含めきちんと確認する

 

12:付帯サービス・オプションの無料・有料の別

 

13:キャンセルした場合の扱い(実費部分は別として3日前まではかからないはず)

 

14:全体を通じて「別料金」となる部分をよく確認する